刀剣春日堂BLOG
刀剣春日堂BLOG

2022年07月12日

2022/7/3 霜華塾

鑑定刀
毛利元就の八男、毛利元康、(戦国時代から安土桃山時代にかけての武将)の
佩刀(金象嵌銘:貞吉正銘也毛利元就所持)は、鎌倉時代末期の貞吉は、鍛え
肌は強い柾目は顕著で上品優雅な刀でした。

鎌倉時代末期の希少である保昌派の一振りは、戦国時代の戦乱が勃発した時
代をとうして守られてきた刀に深く感動しました。
                                
                       霜華塾代表   山田

投稿者 kasugado : 11:53 | コメント (0) | トラックバック (0)